おおばげっきつ (大葉月橘) [Index] [Back]

Murraya koenigii

Murraya koenigii

インドが原産です。高さ4〜6メートルに成長します。幹は直径40センチほどになります。葉は奇数羽状複葉で、長楕円状披針形から卵形の小葉が11〜21個つきます。花は小さく白色で、小さな光沢のある黒い核果ができます。果肉は食用で、甘い風味があります。葉はカレーと柑橘類を足したようなスパイシーな香味があり、インド亜大陸、南および東南アジアの多くの料理で使用されています。別名で「なんようざんしょう(南洋山椒)」とも呼ばれます。 
ミカン科ゲッキツ属の常緑小高木で、学名は Murraya koenigii。英名は Curry tree、Curry leaf tree。 
The Curry tree (Murraya koenigii) belongs to Rutaceae (the Citrus family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to India. This tree grows to 4-6 m in height. The trunk is up to 40 cm diameter. The leaves are odd-pinnate compound with 11-21 oblong-lanceolate to ovate leaflets. The flowers are small, white and produce small shiny-black drupes. The pulp is edible, with a sweet flavor. The leaves have a spicy flavor like curry and citrus, and are used in many dishes in the Indian subcontinent, South and Southeast Asia. 
アメリカ・フロリダ州「フロリダ植物園」にて、2011年05月16日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp