おおひなのうすつぼ (大雛の臼壺)

Scrophularia kakudensis

Scrophularia kakudensis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。山地の日当たりの良い草地に生え、高さは1メートルほどになります。茎には4稜があり、葉は長卵形から卵形で対生します。縁には鋭い鋸歯があります。8月から9月ごろ、茎頂や葉腋から総状花序をだし、小さな壺形で暗赤褐色の花を咲かせます。 
ゴマノハグサ科ゴマノハグサ属の多年草で、学名は Scrophularia akudensis。英名はありません。 
 
滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2006年09月09日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp