おおがたほうけん (大型宝剣)

Opuntia ficus-indica

Opuntia ficus-indica

Opuntia ficus-indica

Opuntia ficus-indica

Opuntia ficus-indica

Opuntia ficus-indica

Opuntia ficus-indica

Opuntia ficus-indica

Opuntia ficus-indica

メキシコが原産だといわれています。団扇サボテンの仲間の巨大な多肉植物です。乾燥した岩だらけの斜面に生え、高さは1〜4.5メートルになります。棘はほとんどありません。晩春に黄橙色の花を咲かせます。果実は8月から10月に熟します。果実は食べられ、甘い「すいか」のような味がします。
サボテン科オプンティア属の団扇サボテンで、学名は Opuntia ficus-indica。英名は Prickly pear、Indian fig。 
The prickly pear (Opuntia ficus-indica) belongs to Cactaceae (the Cactus family). It is an evergreen perennial herb that is probably native to Mexico. This cactus is large, succulent, occurs in arid rocky slopes and can reach 1-4.5 m in height. It is almost spineless. The yellowish-orange flowers come in late spring. The fruits ripen from August through October. The fruits are eaten, and have a taste similar to sweet watermelon.
[上・中1] 岡山市「半田山植物園」にて、2002年07月14日撮影。
[中2] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年06月08日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] 同上にて、2010年08月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2010年08月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6〜7・下] アメリカ・ネバダ州「スプリングスプリザーブ」にて、2012年01月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp