おおばいのもとそう (大葉井の許草)

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

Pteris cretica

わが国の本州、関東・北陸地方以西から四国・九州に分布し、さらに熱帯から亜熱帯地方にも広く分布しています。山地の林下や林縁に生え、高さは20〜40センチになります。「いのもとそう」に似ていますが大型です。葉は黄緑色で2〜5対の側羽片があります。中軸に翼がなく、羽片の幅が広いことで区別できます。
イノモトソウ科イノモトソウ属の常緑シダ類で、学名は Pteris cretica。英名は Cretan brake fern。
Cretan brake fern (Pteris cretica) belongs to the Pteridaceae family. It is an evergreen fern that is native to westward from Kanto-Hokuriku district of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, as well as widely in the tropical and sub-tropical areas. This fern grows in mountain forests or forest edges, and can reach 20-40 cm in height. It resembles to, though it is larger than the Spider brake (Pteris multifida). The leaves are yellowish-green and have 2-5 pairs of pinnae. It is difined by the non-winged rachis and the broader pinnae.
[上・中1] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中2] 滋賀県大津市葛川中村町「白滝山」にて、2005年10月26日撮影。
[中3・中4] 京都府宇治田原町「末山・くつわ池自然公園」にて、2006年03月24日撮影。
[中5・中6} 埼玉県越生町黒山にて、2010年12月05日撮影。
[中7・中8] 群馬県高崎市寺尾町「観音山」にて、2012年04月01日撮影。
[中9〜中11] 三重県松阪市飯高月出にて、2012年07月09日撮影。
[中12・下] 宮城県利府町赤沼「馬の背」にて、2019年02月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp