オプンティア・ウルガリス (単刺団扇)

Opuntia vulgaris

Opuntia vulgaris

Opuntia vulgaris

Opuntia vulgaris

Opuntia vulgaris

Opuntia vulgaris

Opuntia vulgaris

Opuntia vulgaris

Opuntia vulgaris

アメリカの南部からメキシコ、それに南アメリカのブラジルからアルゼンチンに分布しています。原産地は不明です。高さは4〜5メートルほどになり、しばしば明瞭な幹があります。茎節は狭倒卵形から長楕円状披針形をしていて、鋭い棘が1〜2個ずつ生えています。6月から9月ごろ、赤橙色の縞のある黄色い花を咲かせます。果実は赤紫色に熟し、食用になります。和名では「たんしうちわ(単刺団扇)」と呼ばれます。 
サボテン科オプンティア属の団扇サボテンで、学名は Opuntia vulgaris(syn. Opuntia ficus-indica)。英名は Drooping tree pear、Barbary fig、Prickly pear。 
The drooping tree pear (Opuntia vulgaris) belongs to Cactaceae (the Cactus family). It is a prickly pear that is distributed from the southern United States to Mexico, Brazil and Argentina. The native area is unknown. This cactus can reach 4-5 m in height and often has distinct stems. The segments are narrow obvate to oblong-lanceolate with 1-2 acute spines. The yellow flowers with red-orange stripes come in June to September. The fruits ripen burgundy-red and edible. 
[上] 静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、2007年02月16日撮影。
[中1・中2] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中3・中4] 茨城県神栖市「波崎海岸砂丘植物公園」にて、2007年10月11日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・下] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp