オステオスペルマム・エクロニス

Osteospermum ecklonis

Osteospermum ecklonis

Osteospermum ecklonis

南アフリカのケープ地方が原産です。草原に生え、高さは30〜40センチになります。アメリカのカリフォルニア州では帰化していて、「フリーウェイデージー」とも呼ばれます。4月から7月ごろ、真ん中が青色の大きな白い花を咲かせます。このオステオスペルマム属の園芸品種は、「アフリカンデージー」と総称されています。 
キク科オステオスペルマム属の多年草で、学名は Osteospermum ecklonis。英名は Blue and white daisybush、Freeway daisy。 
 
[上・中] アメリカ・カリフォルニア州「ジュリアファイファー州立公園」にて、2004年04月13日撮影。(photo by Jouette Travis)
[下] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2006年09月06日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp