オキザリス・トリアングラリス

Oxalis triangularis

Oxalis triangularis

Oxalis triangularis

Oxalis triangularis

南アメリカのブラジルが原産です。高さは10〜12センチほどで、紫褐色の三角形の葉が特徴です。初夏から夏にかけて、白色のまたは淡いピンクの花を咲かせます。日中に開花し、夜間や曇りの日は閉じたままです。秋に地上部は枯れて、越冬します。 
カタバミ科カタバミ属の多年草で、学名は Oxalis triangularis。英名はありません。 
Oxalis triangularis belongs to the Oxalidaceae (the Wood sorrel family). It is a perenniaal herb that is native to Brazil in South America. This herb grows about 10-12 cm and features purple brown triangle leaves. The white or plae pink flowers will bloom from early summer to summer. It blooms during the day and the night and cloudy days are closed. The terrestrials are blighted and pass the winter. 
[上] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2003年06月27日撮影。
[中2] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、2011年08月25日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp