うまのあしがた (馬の脚形)

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

Ranunculus japonicus

わが国の本州、東北地方以西から四国、九州それに朝鮮半島・中国に分布しています。日当たりのよい山野に生え、高さは30〜70センチになります。根生葉は長い柄があり、掌状に3〜5裂します。4月から5月ごろ、光沢のある鮮やかな黄色の花を咲かせます。全草にプロトアネモニンやラナクリンが含まれ、有毒です。名前は、根生葉の形が馬の蹄に似ていることから。別名で「きんぽうげ(金鳳花)」とも呼ばれます。 
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、学名は Ranunculus japonicus。英名は Mao gen。 
Mao gen (Ranunculus japonicus) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that distributed in Japan, from Tohoku region of Honshu west to Shikoku and Kyushu, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in sunny fields and mountains, and up to a height of 30-70 cm. The basal leaves are divided into 3-5 lobes palmately with long petioles. The yellow, glossy flowers bloom atop of the stem from March to May. The whole plant contains toxic protoanemonin and ranacrine. The Japanese name is derived from the shape of basal leaf resembles the hooves of the horse. 
[上] 大阪府河内長野市「岩湧山」にて、2006年05月15日撮影。
[中1・中2] 岡山県柵原町宮山にて、2004年04月22日撮影。
[中3] 京都府京田辺市にて、2006年04月18日撮影。
[中4〜5・下] 大分県由布市湯布院町「由布岳」にて、2018年04月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp