うんぜんざさ (雲仙笹)

Sasa gracillima

Sasa gracillima

「こぐまざさ(小隈笹)」と呼ばれる仲間のひとつで、高さは30〜40センチほどです。「みやこざさ(Sasa nipponica)」よりも葉が幅広く、短いのが特徴です。冬になると、葉の縁に白い隈取りがでます。詳細な情報は見あたりません。 
イネ科ササ属のササ類で、学名は Sasa gracillima。英名はありません。 
 
奈良県生駒市「高山竹林公園」にて、2004年10月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp