イエローバコパ

Bacopa lanigera

Bacopa lanigera

Bacopa lanigera

南アメリカのブラジルが原産です。池沼や湿地に生え、高さは15〜20センチになります。葉は円形から楕円形で対生し、黄緑色をしています。茎や葉の裏面の葉脈上に軟毛が生えるのが特徴です。夏から秋にかけて、小さな青紫色の花を咲かせます。 
ゴマノハグサ科ステラ属の常緑多年草で、学名は Bacopa lanigera。英名は Hairy waterhyssop。 
 
京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp