バビアナ・ケダルベルゲンシス

Babiana cedarbergensis

Babiana cedarbergensis

南アフリカのケープ地方が原産です。葉は披針形で中肋があり、長さは10〜18センチになります。春、短い花茎をだして芳香のある薄紫色の花を咲かせます。花披片には大きな白い斑があります。詳細な情報は見あたりません。 
アヤメ科ホザキアヤメ属の多年草で、学名は Babiana cedarbergensis。英名はありません。 
The Babiana cedarbergensis belongs to Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the Cape region of South Africa. The leaves are lanceolate with a midrib and are 10-18 cm long. In spring, it produces short flower stalks and produces fragrant, light purple flowers. The perianths have large white spots. 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年02月02日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp