ベッカリオフェニックス・マダガスカリエンシス [Index] [Back]

Beccariophoenix madagascariensis

マダガスカルが原産です。熱帯雨林に生え、高さは10メートルまでになります。丈夫で単幹、幹は直立します。葉は団扇状で長さは4.5メートルにもなり、幹の上に集まってつきます。雄花は比較的大きく、白い蝋で被われています。雌花は雄花よりもわずかに大きいだけです。果実は、長さ1センチほどの卵形で比較的大きく、短い三角状のくちばしがあり、色は紫色を帯び、薄い蝋で被われています。幹を叩いてだした樹液から、地元で消費される甘い飲み物が作られます。この植物の若い葉は、「マナラノ」として知られる特別な帽子を作るために使われていました。彼らの過度の搾取は、この種の個体数を大幅に減少させ、ほぼ絶滅させました。 
ヤシ科ベッカリオフェニックス属の常緑小高木で、学名は Beccariophoenix madagascariensis。英名は Giant windowpane palm、Windowpane coconut。 
Giant windowpane palm (Beccariophoenix madagascariensis) belongs to the Aracaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to Madagascar. This tree grows in tropical rainforest, and up to a height of 10 m. It is robust, solitary and the trunk is erect. The leaves are fan-shaped, can be 4.5 m long, and crowded atop of the trunk. The male flowers relatively very large, covered with white wax. The female flowers only slightly larger than the male. The fruit is relatively large about 1 cm long, ovate with a short triangular beak, purplish in color, covered in thin wax. The sap is tapped from the trunk to make a sweet drink that is consumed locally. Young leaves of the plant were used for making a special hat known as "Manarano". Their excessive exploitation greatly reduced population levels of this species, almost extincting it. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp