ビッグベゴニア [Index] [Back]

Begonia x benariensis

Begonia x benariensis

Begonia x benariensis

ドイツのベナリーシード社によって開発された園芸品種です。「きだちベゴニア(木立ベゴニア)」と「センペルフローレンスグループ」との交配によって作出されました。茎は多肉質でよく分枝し、高さは45〜60センチになります。葉は緑色やブロンズ色で心形、光沢があります。四季咲き性で、大きな赤色、ローズピンク色やピンク色の花を咲かせます。春から霜が降りるまで長期間咲き続け、気温10度以上あれば冬でも咲きます。 
シュウカイドウ科シュウカイドウ属の常緑多年草で、学名は Begonia x benariensis。英名は Big Begonia。 
The Big Begonia is a cultivar developed by Benary Seed of Germany. It was created by crossing "Cane-like begonia" and "Semperflorens Group begonias". The stems are fleshy and well-branched, measuring 45-60 cm in height. The leaves are green or bronze and have a heart shape and luster. It blooms in four seasons and blooms large red, deep rose pink and pink flowers. It keeps blooming for a long time from spring until it frosts, and it blooms even in winter if the temperature is 10 degrees Celsius or higher. 
宮城県仙台市宮城野区にて、2021年09月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp