ビロードむらさき (天鵞絨紫)

Callicarpa kochiana

Callicarpa kochiana

Callicarpa kochiana

Callicarpa kochiana

わが国の太平洋岸南部、三重県や高知県、鹿児島県、それに中国からインドシナ半島に分布しています。楕円形から倒卵形の葉はビロードのような白い毛で被われています。夏から秋にかけて、白色から淡紅色の花を咲かせますが、花冠の外側にも毛が密生しています。果実は球形で白色に熟します。 
クマツヅラ科ムラサキシキブ属の常緑低木で、学名は Callicarpa kochiana。英名はありません。 
"Biroudo-murasaki" (Callicarpa kochiana) belongs to Verbenaceae (the Vervena family). It is a small evergreen tree that is distributed in the southern Pacific Ocean Side of Japan, as well as China and the Indo-china Peninsula. The leaves are elliptic to obovate and covered with velvety white hairs. The white to pale rose-pink flowers come in summer to fall and the outside of corollas are covered with dense hairs. The fruits are globose and ripen white. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2003年08月24日撮影。
[中2] 同上にて、2005年01月19日撮影。
[下] 同上にて、2007年03月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp