ブラックオリーブツリー [Index] [Back]

Bucida buceras

Bucida buceras

Bucida buceras

Bucida buceras

メキシコから中央アメリカ、カリブ海諸島それに南アメリカ北部が原産です。海岸沿いの沼沢地や湿った内陸林に生え、高さは12〜15メートル、幹の直径は90センチになります。葉は濃い青緑色で、革質、倒披針形から倒卵形で、枝先に集まってつきます。果実は卵形で黒色の刮ハで、夏の終わりに熟します。材は非常に堅く、耐久性があります。 
シクンシ科ブキダ属の常緑高木で、学名は Bucida buceras。英名は Black olive tree、Bullet tree。 
Black olive tree (Bucida buceras) belongs to the Combretaceae family. It is a tall evergreen tree that is native to Mexico, Central America, the Caribbean, and northern South America. This tree grows in coastal swamps and wet inland forests, and up to 12-15 m high, 90 cm in trunk across. The leaves are dark bluish-green, leathery, oblanceolate to obovate and clustered at branch tips. The fruits are ovate, black, capsules and ripen in late summer. The wood is extremely hard and durable. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp