ブラキスコメ・ムルチフィダ

Brachyscome multifida

Brachyscome multifida

Brachyscome multifida

Brachyscome multifida

オーストラリアの東南部に分布しています。日当たりの良い潅木帯の草地や疎林に生え、高さは20〜30センチになります。葉は糸のような細い羽状複葉で、マット状に広がります。春から秋にかけて、ラベンダー色の花を咲かせます。多年草ですが、2年ほど経つとみすぼらしい草姿になってしまいます。 
キク科ブラキスコメ属の多年草で、学名は Brachyscome multifida(syn. Brachycome multifida)。英名は Cut-leafed daisy。 
Cut-leafed daisy (Brachyscome multifida) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to south-eastern Australia. This herb occurs in sunny grassland in scrubs or open woods and can reach 20-30 cm in height. The leaves are filiform pinnate compound and spread on the ground. The lavender flowerheads come in spring to fall. Though it is a perennial, it turns a shabby appearance after two years of growth. 
[上] オーストラリア・シドニー市「カンバーランド州有林」にて、2005年12月29日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年10月19日撮影。
[中2・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2007年06月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp