フィクス・ドルパケア [Index] [Back]

Ficus drupacea

Ficus drupacea

Ficus drupacea

南東アジアそれにオーストラリア北東部が原産です。海辺から山地の森林に生え、高さは10〜30メートルなります。それは着生植物として生活を始め、別の木の枝で成長します。 それが年をとるにつれて、気根を下に送り、それは地面に着くとすぐに根を形成し、そしてより成長が活発になります。やがてホストは死に、この木は競争なしで成長し続けます。それは絞め殺すイチジクです。地元では、この木は時々、食物、薬品および繊維の供給源として野生から収穫されます。 
クワ科イチジク属の常緑高木で、学名は Ficus drupacea。英名は Brown-woolly fig、Mysore fig。 
Brown-woolly fig (Ficus drupacea) belongs to the Moraceae (the Mulberry family). It is a tall evergreen tree that is native to Southeast Asia and Northeast Australia. This tree grows in beachfront to montane forests, and can reach heights of 10-30 m. It often begins life as an epiphyte, growing in the branch of another tree. It grows older it sends down aerial roots which, when they reach the ground quickly form roots and become more vigorous. Eventually the host dies, leaving this tree to carry on growing without competition. It is a strangler fig. The tree is sometimes harvested from the wild for local use as a food, medicine and source of fiber. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp