フロリダサッチパーム (フロリダ屋根葺き椰子) [Index] [Back]

Thrinax radiata

Thrinax radiata

Thrinax radiata

ほとんどのカリブ海諸島や中央アメリカ、それに遠くフロリダ州の南部が原産です。海岸地帯の石灰質の砂地に生え、高さは6メートルになります。この種はクラウンシャフトがなく、樹冠が直接幹から伸びているようです。葉は掌状で、葉の長さの半分ほど下の部分で羽片に分かれています。花序は長さ90センチを超えて、下方にアーチ形になり、葉の下に広がることがあります。花は白色で両性、そして一年中見られますが、春がピークです。果実は白色の核果で、また一年中見ることができます。和名にすると、「フロリダやねふきやし(フロリダ屋根葺き椰子)」。 
ヤシ科トリナクス属の常緑小高木で、学名は Thrinax radiata。英名は Florida thatch palm。 
Florida thatch palm (Thrinax radiata) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to many Caribbean islands, Central America, and far southern Florida. This tree grows on sandy, calcareous soil in coastal areas, and can reach a height of 6 m. This species has no crownshaft and the canopy appears to emerge directly from the trunk. The leaves are palmate and divide into segments about halfway down their length. The inflorescences exceed 90 cm in length, arch downwards, and can extend below the frond. The flowers are white, bisexual, and occur year-round, with peak production in the spring. The fruits are white drupes and can also be seen year round. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp