ふいりくさよし (斑入り草葦)

Phalaris arundinacea cv. Variegata

Phalaris arundinacea cv. Variegata

Phalaris arundinacea cv. Variegata

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布する「くさよし(草葦)」の園芸品種です。高さは1〜1.8メートルになり、葉は線形でざらつきます。葉に白色の条斑が入るのが特徴です。 
イネ科クサヨシ属の多年草で、学名は Phalaris arundinacea cv. Variegata。英名は Variegated reed canarygrass。 
 
京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp