フルクラエア・ベディンガウシイ

Furcraea bedinghausii

Furcraea bedinghausii

メキシコが原産です。半乾燥地帯に生え、幹の高さは4メートルほどになります。葉はロゼット状につき、長さ90センチくらいの披針形です。6〜8メートルにもなる長い花茎を伸ばして、大きな円錐花序をつけ、緑がかったクリーム色のベル形の花を咲かせます。 
リュウゼツラン科フルクラエア属の常緑小低木で、学名は Furcraea bedinghausii。英名はありません。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年02月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp