ふいりたこのき (斑入り蛸の木)

Pandanus veitchii

Pandanus veitchii

ポリネシアが原産です。海岸や湿地に生え、高さは6〜9メートルほどになります。幹の下部は、支柱根となります。葉は長い剣状で、縁には乳白色の斑が入ります。また葉は螺旋状につきます。果実や種子は食用になります。別名で「しまたこのき(縞蛸の木)」とも呼ばれます。 
タコノキ科タコノキ属の常緑低木で、学名は Pandanus veitchii。英名は Striped screw pine、Veitch screw pine。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp