はないばな (葉内花)

Bothriospermum tenellum

Bothriospermum tenellum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、東南アジアに広く分布しています。道ばたや畑などに生え、高さは10〜15センチになります。茎は細くて基部は地面を這います。葉は長楕円形から楕円形で互生します。3月から11月ごろ、茎の上部の葉と葉のあいだに青紫色の花を咲かせます。「きゅうりぐさ(胡瓜草)」に似ていますが、サソリの尾のような花序をつくりません。 
ムラサキ科ハナイバナ属の一年草または二年草で、学名は Bothriospermum tenellum。英名は Leaf between flower。 
 
奈良県御所市櫛羅にて、2005年10月13日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp