はたけにら (畑韮)

Nothoscordum fragrans

Nothoscordum fragrans

南アメリカのアルゼンチンが原産です。現在では世界各地に分布が広がっています。わが国でも各地に帰化し、道端や草地、畑などに生えています。高さは30〜60センチになり、5月から6月ごろ、細長い花茎をのばして小さな白い花を散形状に咲かせます。名前は、葉に「にら(韮)」のような香りがあることから。 
ユリ科ステゴビル属の常緑多年草で、学名は Nothoscordum fragrans。英名は Fragrant false garlic、Onion weed。 
 
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。
[下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年05月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp