ハオルチア・シンビフォルミス

Haworthia cymbiformis

Haworthia cymbiformis

南アフリカのケープ地方が原産です。直径15センチほどの小さな多肉質のロゼットになります。これは、窓のあるハオルチア(Windowed haworthia)のなかでも多様性に富んだ種類です。窓とは乾燥と寒さに耐えるために、葉の表面にできた透明なガラス面のこと。小さな白い花を咲かせます。 
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名は Haworthia cymbiformis。英名は Cathedral window haworthia。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2002年02月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp