ハオルチア・マルガリティフェラ (竜の爪)

Haworthia margaritifera

Haworthia margaritifera

南アフリカが原産です。ハオルチア属のなかでは最も大きくなる種のひとつです。濃緑色の葉は三角形で、裏面に白点があります。春に小さな白い花を咲かせます。 
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名は Haworthia margaritifera。英名は Pearl plant。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年12月13日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp