ヒマラヤあしび (ヒマラヤ馬酔木)

Pieris formosa

Pieris formosa

Pieris formosa

Pieris formosa

中国の南東部から南西部、浙江省からチベット自治区それにブータン、ネパール、ビルマ、ベトナム、インド北東部に分布しています。標高900〜2300メートルの雑木林や斜面に生え、高さは3〜5メートルになります。葉は散生するか偽輪生し、若葉の時にはしばしば赤みを帯びます。葉身は披針形から楕円形、長楕円形で葉柄があり、基部から先端まで、鋸歯があります。また側脈および網状脈がはっきり見えるのが特徴です。5月から6月ごろ、円錐花序または総状花序をだし、小さな白い壺形の花を咲かせます。 
ツツジ科アセビ属の常緑低木で、学名は Pieris formosa。英名は Himalayan pieris。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年03月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp