ひしもどき (菱擬き)

Trapella sinensis

Trapella sinensis

わが国の本州から四国・九州それに朝鮮半島や中国に分布しています。池沼などにまれに生え、広卵形の葉が水面に浮葉します。7月から9月ごろ、花茎を伸ばして淡紅色の筒状花を咲かせます。また水中では閉鎖花をつけます。果実には4個の角状突起があり、イカリのような役割をするそうです。名前は、葉のかたちが「ひし(菱)」に似ていることから。 
ゴマ科ヒシモドキ属の一年草で、学名は Trapella sinensis。英名はありません。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2005年07月07日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp