ひよくそう (比翼草)

Veronica melissaefolia

Veronica melissaefolia

わが国の北海道から本州、四国に分布しています。山地の日当たりの良い林縁や草原に生え、高さは30〜60センチになります。葉は卵形で、不揃いの鋸歯があり対生します。全体が軟毛に被われています。6月から7月ごろ、葉腋から長い対になった花序をだし、淡い紫色の花を咲かせます。名前は、白楽天の「長恨歌」の一節「在天願作比翼鳥、在地願為連理枝」に因みます。 
ゴマノハグサ科クワガタソウ属の多年草で、学名は Veronica melissaefolia。英名はありません。 
 
[上] 長野県松本市奈川「白樺峠」にて、2005年06月25日撮影。
[下] 滋賀県米原市藤川「伊吹山」にて、2005年07月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp