ひめゆずりは (姫譲葉)

Daphniphyllum teijismannii

Daphniphyllum teijismannii

Daphniphyllum teijismannii

Daphniphyllum teijismannii

わが国の本州、関東地方以西から台湾や朝鮮半島、中国に分布しています。海岸近くの照葉樹林に生え、高さは10メートルほどになります。葉は長楕円形で、光沢があり革質です。5月から6月ごろ、紫色から淡紅色の雄花、緑色の雌花を咲かせます。雌雄異株です。果実は12月に黒紫色に熟します。名前は、「ゆずりは(譲葉)」に似ていて全体に小さいことから。 
ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木で、学名は Daphniphyllum teijismannii。英名はありません。 
 
[上・中1] 大阪市中央区「ホテルニューオータニ」にて、2002年04月23日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年02月15日撮影。
[下] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2006年01月12日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp