ヒマラヤずみ (ヒマラヤ酸実)

Malus baccata var. himalaica

Malus baccata var. himalaica

中国の北部からヒマラヤに分布しています。山地帯から高山帯に生え、高さは15メートルほどになります。4月から5月ごろ、白色または淡いピンクの花を咲かせます。果実は10月に熟しますが、直径1センチほどで食用になります。 
バラ科リンゴ属の落葉高木で、学名は Malus baccata var. himalaica。英名は Chinese crab apple。 
 
[上] 兵庫県神戸市灘区「六甲高山植物園」にて、2004年04月20日撮影。
[下] 同上にて、2004年10月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp