ホケイチク (哺鶏竹)

Phyllostachys dulcis

Phyllostachys dulcis

Phyllostachys dulcis

中国の中東部、江蘇省南部から浙江省北部が原産です。成長が早く、桿の直径7〜8センチ、高さは12メートルほどになります。葉は大きくて垂れ下がり、節には白い環紋があります。また時折、桿にクリーム色の縦縞がはいることがあります。4月下旬にでるタケノコは苦みがなく食用にされます。別名で「はくほけいちく(白哺鶏竹)」とも呼ばれます。 
イネ科マダケ属のタケ類で、学名は Phyllostachys dulcis。英名は Sweetshoot bamboo。 
 
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2005年01月19日撮影。
[下] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp