ほそばのぎく (細葉野菊)



Aster sohayakiensis

わが国の本州、和歌山・三重県に分布しています。熊野川支流域の湿った岩上に生え、高さは30〜60センチになります。葉は狭披針形から狭倒披針形で、光沢があります。8月から10月ごろ、白い頭花を咲かせます。別名で「きしゅうぎく(紀州菊)」とも呼ばれます。 
キク科シオン属の多年草で、学名は Aster sohayakiensis。英名はありません。 
 
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年09月04日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp