ほろとそう (幌登草)

Campanula uemurae

Campanula uemurae

Campanula uemurae

ロシアのサハリン中部、西サハリン山脈の幌登岳(1,259m)から樫保連山(750m)にかけて分布しています。わが国では戦前に導入されたものが栽培されています。高さは10〜15センチほどで、卵状楕円形の葉が互生します。青紫色の星形の花を咲かせます。詳細な情報は見あたりません。 
キキョウ科ホタルブクロ属の多年草で、学名は Campanula uemurae。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年08月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp