ほざきしもつけ (穂咲き下野)

Spiraea salicifolia

Spiraea salicifolia

アジアとヨーロッパの寒冷な湿地に生え、北海道と本州の日光や霧ヶ峰にみられるそうです。ちなみにこの高ボッチ高原は、霧ヶ峰の北西に隣接しています。7月から8月ごろ、「しもつけそう(下野草)」に似た花を咲かせます。名前は、花序が穂状につくことから。雄しべの目だつ花です。 
バラ科シモツケ属の落葉低木で、学名は Spiraea salicifolia。英名は、Bridewort。 
 
長野県塩尻市「高ボッチ高原」にて、2002年07月20日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp