ほそばとりかぶと (細葉鳥兜)

Aconitum senanense

Aconitum senanense

Aconitum senanense

Aconitum senanense

Aconitum senanense

わが国の固有種で、本州の中部地方以北から関東地方に分布しています。亜高山帯から高山帯の日当たりのよい草原に生育し、高さは40〜100センチになります。茎は直立して、葉はほとんど基部まで深く3裂し、裂片はさらに2〜3裂します。8月から9月ごろ、茎の先に散房花序をつけ、兜に似た青紫色の花を咲かせます。花柄には2個の小苞とともに、開出毛が密生して白っぽくみえます。 
キンポウゲ科トリカブト属の多年草で、学名は Aconitum senanense。英名はありません。 
 
[上・中1〜2・下] 長野県富士見町富士見「入笠山」にて、2006年08月24日撮影。
[中3] 長野県伊那市長谷黒河内「大阿原湿原」にて、2006年08月24日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp