ホウェア・プンゲンス

Hovea pungens

Hovea pungens

オーストラリアが原産です。海岸の石灰岩や花崗岩の露頭や「まるばユーカリのき(丸葉ユーカリの木)」の林内に生え、高さは1.5メートルほどになります。葉は線形で、春から秋にかけて、青色から紫色の蝶形花を咲かせます。種名は、全体に刺激臭があることから。 
マメ科ホウェア属の常緑小低木で、学名は Hovea pungens。英名は Devil's pins。 
 
アメリカ・カリフォルニア州「ゴールデンゲートパーク」にて、2004年04月16日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp