ホヤ・フンギイ

Hoya fungii

中国南部の広東省から江西省、雲南省それに海南島に分布しています。標高300〜1000メートルの明るい林内に生え、他の樹木などに着生します。蔓性で長さは2メートルほどになり、葉は革質で卵形から楕円形をしています。4月から9月ごろ、葉腋から散形状の花序を下垂させ、「さくららん(Hoya carnosa)」に似た白い花を咲かせます。 
ガガイモ科サクララン属の常緑小低木で、学名は Hoya fungii。英名はありません。 
 
京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2006年02月04日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp