パフィオペディルム・ウェンシャネンセ

Paphiopedilum wenshanense

Paphiopedilum wenshanense

中国中南部の雲南省からベトナムに分布しています。コンコロル種(Paphiopedilum concolor)とベラツルム種(Paphiopedilum bellatulum)との自然交雑種と考えられています。茎は短く、長楕円形で斑模様の葉がつきます。冬から春にかけて、短い花茎を伸ばして淡い黄白色の花を咲かせます。花披片には濃い紫色の斑点が入ります。 
ラン科パフィオペディルム属の多年草で、学名は Paphiopedilum wenshanense。英名は Wenshan paphiopedilum。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年11月11日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp