パボニア・インテルメディア

Pavonia intermedia

Pavonia intermedia

Pavonia intermedia

ブラジルが原産です。高さは1.5メートルほどになり、散形に枝をつけます。円錐花序に花を咲かせますが、真っ赤に目だつのは苞で、花弁は濃紫色です。花柱が長く突きだしています。ハスタータ種(Pavonia hastata)とムルチフローラ種(Pavonia multiflora)との種間交雑種だと考えられています。 
アオイ科パボニア属の常緑小低木で、学名は Pavonia intermedia(syn. Pavonia x gledhillii)。英名はありません。 
 
[上・中] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年09月16日撮影。
[下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年01月06日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp