ペンタリノン・ルテウム

Pentalinon luteum

Pentalinon luteum

アメリカのフロリダ州南部から西インド諸島に分布しています。日当たりの良い海岸湿地の縁や沿岸の松林などに生えます。蔓性で、他の樹木などに絡みつき、長さは2.4メートルほどになります。葉は長楕円形で光沢があり、対生します。温度さえあれば一年中、鮮やかな黄色い花を咲かせます。園芸上は「サマーブーケ」と呼ばれるようです。 
キョウチクトウ科ペンタリノン属の常緑低木で、学名は Pentalinon luteum。英名は Hammock viper's-tail、Wild allamanda。 
 
静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp