ペンステモン (釣鐘柳)

Penstemon sp.

Penstemon sp.

Penstemon sp.

Penstemon sp.

Penstemon sp.

Penstemon sp.

Penstemon sp.

ペンステモン属は北アメリカを中心に250種ほどが分布しています。園芸品種も多く、メキシコ原産のハートウェギー種(Penstemon hartwegii)とアメリカ中・南部原産のコバエア種(Penstemon cobaea)との交雑種が主流になっています。高さは30〜70センチになり、5月から9月ごろ、さまざまな花色の筒状花を咲かせます。和名では「つりがねやなぎ(釣鐘柳)」と呼ばれます。 
ゴマノハグサ科イワブクロ属の多年草で、学名は Penstemon sp.(属の総称)。英名は Beard-tongue。 
The Penstemon genus (Beard-tongue) belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is distribted about 250 species mainly in North America. There are many cultivars that are breeded from Penstemon hartwegii (native to Mexico) and Penstemon cobaea (native to central-south United States). This herb can reach 30-70 cm in height. The various color, tubular flowers come in May to September. 
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 同上にて、2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2007年06月08日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp