ペンニセツム・ウィルロスム

Pennisetum villosum

Pennisetum villosum

Pennisetum villosum

Pennisetum villosum

アフリカのエチオピアからソマリア北部、アラビア半島に分布しています。「ちからしば」の仲間で、高さは45〜60センチになります。明るい灰緑色の葉は幅10ミリほどの線形で、根元から叢生します。7月から8月ごろ、花茎を伸ばして淡黄白色の羽毛のような花穂をつけます。花壇の縁取りなどに植栽されます。 
イネ科チカラシバ属の多年草で、学名は Pennisetum villosum。英名は Feathertop grass、White flowering fountain grass。 
The feathertop grass (Pennisetum villosum) belongs to Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is distributed from Ethiopia to northern Somalia, the Arabian Peninsula. This herb is closely related to Chinese fountain grass and can reach 45-60 cm in height. The leaves are light grayish-green, linear about 10 mm wide and crowded at the bases. The pale yellowish-white, feathery flower spikes are borne on the stalks from July to August. This grass is planted in the garden edges. 
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年08月05日撮影。
[下] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、2006年01月29日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp