ファレノプシス・アマビリス

Phalaenopsis amabilis

Phalaenopsis amabilis

フィリピンからニューギニア、オーストラリア北部にかけて分布しています。湿った岸壁などに着生します。「こちょうらん(胡蝶蘭)」の原種のひとつで、白花の交配母種として使われます。葉は長楕円形で互生します。花茎を弓状に伸ばして、芳香のある白い花を咲かせます。 
ラン科ファレノプシス属の常緑多年草で、学名は Phalaenopsis amabilis。英名は Moon orchid。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp