フィソカルプス・ルテウス

Physocarpus opulifolius cv. Luteus

Physocarpus opulifolius cv. Luteus

北アメリカの北東部が原産です。「アメリカてまりしもつけ(Physocarpus opulifolius)」の交雑種で、新芽が伸びるとき、日が射す葉は真っ黄色に、日陰の葉は黄緑に色づきます。高さは1〜1.5メートルほど。5月から6月ごろ、散房花序をつけて白い花を咲かせます。和名では「おうごんてまりしもつけ(黄金手毬下野)」と呼ばれます。 
バラ科テマリシモツケ属の落葉低木で、学名は Physocarpus opulifolius cv. Luteus。英名は Dwarf golden ninebark。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年05月12日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp