ピンピネラ・マイオール

Pimpinella major

Pimpinella major

ヨーロッパに広く分布しています。川岸や林縁、それに草地などに生え、高さは30〜80センチになります。葉は羽状複葉です。6月から7月ごろ、茎の先に散形花序をつけ、白い花を咲かせます。受粉はハチによる媒介です。ヨーロッパでは、この植物の根を咳止めや去痰の薬として利用するそうです。 
セリ科ミツバグサ属の多年草で、学名は Pimpinella major。英名は Greater burnet saxifrage。 
 
スイス・グリンデルワルトにて、2002年07月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp