プレイオスピロス・マグニプンクタツス

Pleiospilos magnipunctatus

Pleiospilos magnipunctatus

南アフリカのケープ地方に分布しています。葉は多肉質で青緑色、長さ3〜7センチほどあり対生します。直径4〜5センチほどの黄色い花を咲かせます。和名では「しんらん(親鸞)」と呼ばれます。 
ツルナ科プレイオスピロス属の常緑多年草で、学名は Pleiospilos magnipunctatus。英名はありません。 
 
静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp