ポイズンアイビー

Rhus radicans

Rhus radicans

Rhus radicans

Rhus radicans

Rhus radicans

北アメリカの東部から中部に広く分布しています。明るい森林や潅木帯、荒れ地などに生え、他の樹木などに気根をだして這い登り、高さは15メートルほどになります。葉は3出複葉で、小葉は卵形から楕円形ですが、大きな変異があります。葉の縁は成木ではほとんど全縁、幼木では粗い鋸歯があります。5月から6月ごろ、葉腋から総状花序をだし、小さな黄緑色の花を咲かせます。わが国で見られる「つたうるし」と似ていますが、毒性が非常に強く、消防士が山火事の際、この煙でかぶれるといいます。 
ウルシ科ウルシ属の落葉蔓性木本で、学名は Rhus radicans(syn. Toxicodendron radicans)。英名は Poison ivy、Eastern poison ivy。 
The poison ivy (Rhus radicans) belongs to Anacardiaceae (the Sumac family). It is a deciduous woody vine that is distributed widely from eastern to central North America. This vine grows in open forests, scrubby areas or waste lands, climbs up adjacent trees by the aerial roots and can reach about 15 m in height. The leaves are 3-lobed compound and the leaflests are highly variable, ovate to elliptic. The margin of leaf is almost entire on mature tree, though it is coarsely toothed on young tree. The racemes come in the axiles and bloom small yellowish green flowers from May to June. Poison ivy is highly toxic, and the firefighters get irritated by its smoke in case of forest fire. 
[上] アメリカ・テキサス州マッキニー市「ハードミュージアム」にて、2007年04月06日撮影。(phto by Jon Suehiro)
[中1〜中3] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2005年10月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・アーカンソー州「クイーンウィルヘルミナ州立公園」にて、2005年10月30日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp