ポレモニウム・ボレアレ

Polemonium boreale

Polemonium boreale

寒帯周辺に位置する中央アジアに分布しています。岩礫地の斜面に生え、高さは15〜25センチになります。葉はおもに根生葉で、小葉が楕円形から円形の羽状複葉です。茎や葉には毛が生えています。夏に、花茎の先に集散花序をつけ、青色や紫色または白色の花を咲かせます。 
ハナシノブ科ハナシノブ属の多年草で、学名は Polemonium boreale。英名は Jacob's ladder。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2002年12月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp