ポテンティラ・クランジー

Potentilla  crantzii

Potentilla  crantzii

Potentilla  crantzii

ヨーロッパアルプスやピレーネー山脈に分布しています。標高3000メートルまでの石灰岩の岩棚やクレビスに生え、高さは10〜20センチほどになります。基部の葉は5出複葉で、小葉はさらに細かく裂け、花茎の上部の葉はほとんど3深裂です。夏に花茎を伸ばして、鮮やかな黄色の花を咲かせます。花弁の基部には、たまにオレンジ色の斑点が入ります。 
バラ科キジムシロ属の多年草で、学名は Potentilla crantzii。英名は Alpine cinquefoil。 
 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年12月07日撮影。
[中] 同上にて、2006年07月11日撮影。
[下] 同上にて、2005年04月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp