プロテア・ロンギフォリア

Protea longifolia

Protea longifolia

南アフリカの西ケープ地方に分布しています。砂質土や鉄鉱石土に生え、高さは1.5メートルほどになります。茎は直立あるいは不規則に伸びます。葉は長楕円形です。5月から9月ごろ、多数の花が集まった頭状花序をだし、それを取り囲む苞葉がピンク色に色づきます。 
ヤマモガシ科プロテア属の常緑低木で、学名は Protea longifolia。英名は Long-leaf sugarbush。 
 
京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2006年02月04日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp